妊娠中・授乳中の歯科治療

「妊娠中の歯科治療」について

「妊娠中の歯科治療」について

歯の治療はできれば結婚前や妊娠前に治しておきたいものですが、なかなかうまくはいかないものですよね。

妊娠するとエストロゲンという女性ホルモンが増えて、歯ぐきが腫れたり出血したりする妊娠性歯肉炎を起こしやすくなっています。

また、つわりでハミガキが思うようにできなかったり、その他の様々な生活の変化によりお口の中が虫歯になりやすくなってきます。

もしも、歯が痛い、歯ぐきが腫れたなどの症状が現れたら、歯科医院の受診をお勧めします。

<治療方法>・・・基本的に歯科の治療は妊娠中でも問題ありません。

レントゲン

歯科医院で行うレントゲン撮影は、お腹と背中を防護するためのエプロンを使用しますので、被爆量はゼロに近いのです。

気になるようでしたら、ご出産が終わられてからレントゲン撮影を行った方が良いでしょう。

麻酔

それほど神経質になることはありません。

痛みを我慢して、それがストレスになるのならば、適切に麻酔を使って痛みを取り除く事も必要になってくると思います。

なるべく飲まないようにした方が良いとは思いますが、鎮痛剤は比較的安全なものもありますので、十分にご相談をしてお出ししています。

授乳中の歯科治療

一般的な歯科治療(レントゲン撮影・麻酔)は問題ありません。

薬はなるべく飲まないことが望ましいのですが、母乳を介して赤ちゃんが摂取する量はごく微量なので、常用量で短期間なら問題ないと考えられています。

薬を服用する場合には、一時的に粉ミルクなどに変えるのも一つだと思います。

虫歯は感染症

お子さんが虫歯になる最大の原因は、親からの虫歯菌の感染であると考えられております。

口移しで離乳食などを与えると、虫歯菌も一緒にお子さんのお口の中に入っている事になります。なるべくなら避けたい事ではありますが、実際、難しい事でもあります。

お子さんの歯が生えてきたら、ガーゼなどを指に巻きつけて、お子さんの歯を拭くだけでも予防になります。

よしだ歯科医院では、ベビーカーで通院されるママさんも少なくありません。

スタッフも赤ちゃんを一生懸命あやしたり、時にはママが赤ちゃんを抱っこしたまま治療を受けていただく事も可能ですので、どうぞご安心下さい。

2017年歯医者さんがおすすめする歯科医院に選ばれました

夜20時まで

診療しています!

2017年6月休診日

1日(木) / 4日(日) / 8日(木)/ 11日(日) / 15日(木)/ 18日(日) / 22日(木) / 25日(日) / 29日(木)

休診日:木曜日、日曜日、祝日

LINEはじめました!
※保険外の自費診療費をお支払いの際、クレジットカードがご利用頂けます。

※保険外の自費診療費をお支払いの際、クレジットカードがご利用頂けます。